こだわりに囚われすぎると

思考

自分らしさ

自分らしさと言えば何を思い浮かべますか?

個性、美学、プライドなど様々な言葉で表されると思いますが、
その中の一つにこだわりがあります。



〇〇はそうでないといけない、△△はあってはならない・・・・
人それぞれではあると思いますが、必ずこだわりはあると思います。


自分自身の、個人の人生を豊かに生きるためには必要不可欠なものです。

様々な生き方が認められるこの時代に多少のこだわり、エゴを持たずに生きるのは逆に難しいことだと思います。


しかし時と場合によってはあなたのこだわりが他人との軋轢を生んでしまう可能性があります。

こだわりの押し付け

人はどうしても、自分が良かれと思ったことや間違いないと思ったことは他人にも勧めたいし、
求めてしまうのです。


いわゆる、こだわりの押し付けです。


多少の押し付けなら可愛いものですが、

強引な押し付けや自分のこだわり以外耳を貸さないなんて事態になってしまうと他人との軋轢になってしまいます。


皆さんも一度は経験があると思います。

自分の意見を無理に押し通そうとしてきたり、自分の意見が通らないとあからさまに嫌な顔をしたり怒り出したり・・・

そんな人周りにいませんでした?または自分自身がそうかも・・・という人もいるかもしれません。


そうなんです。

こだわりの押し付けは、誰しもやってしまいがちになるものなんです。

そのこだわりは今必要なのか?

そこで少しでも他人にこだわりを押し付けているなと感じたら一度、

客観的になり考えてほしいのです。

「今、このこだわりは必要なのか?」

どうしても必要ならそのまま押し通せばいいですが、少しでも不要、譲れる部分があると思うなら相手に譲歩して押し付けを止めてみてください。

それだけでも人間関係はかなり楽になるかと思います。


人は誰かと協力し合って生活営んでいます。

自分1人なら大いにこだわりを貫いて生きればいいのですが、

相手のことを顧みなずに自分のこだわりを押し付けてしまうと、

極端な例、犯罪行為などに繋がってしまいます。


もちろん譲れないことはあると思いますが、

みんな何かしらを譲歩しながら社会は成り立っていることを覚えておくと、

人間関係が少し楽になるかと思います。

shon

shon

shonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました